チャットレディが起業!?開業届の出し方からメリットまでご紹介

初心者

チャットレディが起業!?開業届の出し方からメリットまでご紹介

2022年12月22日

チャットレディが起業できるって本当?開業届とは何かやメリットも知りたい!

チャットレディは業務委託契約という契約を結んで仕事をしていきます。業務委託の場合は個人事業主として仕事をもらっていくので、雇用されるのではなく自分で起業するというイメージです。

もちろん開業届を出さずに個人事業主として働いていく人も多くいますが、実は開業届を出して起業した上で働いていく方がメリットは大きいのです。

今回の記事では、チャットレディが起業するメリットや開業届の出し方などをご紹介していきます。

チャットレディが起業する方法とは?開業届の出し方は簡単

チャットレディとして働きたいと思う理由で一番多いのが、高収入を得たいからというものでしょう。起業に憧れてチャットレディの仕事に踏み込むという人はいないと言ってもいいかもしれません。

ただ、チャットレディとして高収入を稼ぐ女性は起業している人が多いというのも事実です。企業と聞くと正直難しいものだと感じてしまい、尻込みしてしまう人もいるかもしれません。

では、起業するために開業届を出すところから順にご説明していきましょう。

開業届の記載内容は簡単

開業届を出すと聞くと、分厚くて難しい書類をたくさん読んで提出しなければいけないというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、実際は開業届を提出するのはとても簡単なのです。

開業届自体は一枚で完結するものであり、名前や氏名、屋号などすぐに書けるものを記載するだけで出来上がります。時間がかかるものではありません。

ただ、そういったものも不安に感じる人であればクラウド会計ソフトなどを利用することでより簡単に開業届を作成することができます。クラウド会計ソフトで作成した開業届をコピーして税務署に提出するだけで、起業は完了です。

開業自体は簡単に行えるので、躊躇してしまっていた人は是非始めてみてください。

青色申告承認申請書も一緒に提出しよう

副業としてチャトレを始めて、年間にそこまで稼ぐつもりはないという人であれば関係ないかもしれませんが、しっかり収入を稼いでいきたいと思う人であれば青色申告を選択することをおすすめします。

青色申告を選択する場合は、「青色申告承認申請書」というものも同時に提出してください。一緒に提出することで、青色申告の特別控除を受けられるので忘れないようにしてくださいね。

チャットレディが起業するメリットとは

チャットレディは簡単に起業できるということがわかりました。開業届も簡単に出せるとしても、起業すること自体のメリットがわからないという人もいると思います。

起業しなくてもチャットレディはできるのに、なぜ起業をする女性が多いのでしょうか。そのメリットをご紹介していきます。

青色申告ができる

企業することのメリットで一番大きいのが、青色申告をすることができるということです。チャットレディの報酬は事業所得となるため、一定の金額を稼ぐようになれば確定申告をする必要があります。

収入から経費と控除額を引いた金額がその年の所得額になるのですが、控除額の恩恵が大きいのが青色申告なのです。

会社に雇用されて給料を受け取っている人であれば給与所得控除を受けられますが、個人事業主の場合は受けられないので、控除額を増やすことによって支払わなければいけない税金の金額を少なくすることができます。

白色申告の場合は基礎控除しか受けられませんが、青色申告の場合は基礎控除の他に青色申告特別控除というものも受けられます。青色申告特別控除では、e-Taxという電子申請の選択をすることで65万円もの控除が受けられるのです。

経費にできるものには限りがあるので、受けられる控除はすべて受けられるようにしていくことで手元に残るお金を増やしていけますよ。

自分を律して仕事ができる

会社に雇用されて働く時間が決められたうえで働くのではなく、個人事業主として働いていくということは自分で働く時間なども決められるということです。ただ、逆に言えば自己管理を徹底しないと稼げないということでもあります。

自由にシフトを決められて、目標金額に達してしまえば「もう働かなくていいや」という気持ちになるという場合もあります。
もちろんそこは自由ですが、お客様ありきの仕事なのであまりチャットにログインしない日々が長引くと、他の女の子の常連さんになってしまうかもしれません。

様々な面でだらけないというのは大事なことですが、自分だけで仕事をして誰にも縛られない環境は「自由で楽」な反面「さぼってしまいがち」になります。
こういったことにならないためにも、起業をするというのもいいでしょう。

開業届を提出してしっかり起業という形を取ることで、自分を律することができるのです。

チャットレディは起業しながら代理店登録で更にメリット多数

チャットレディの起業について気になってはいても、ネット上にはチャットレディ求人サイトの文面がよく載っているのでそちらも気になっているという人もいるでしょう。
募集がかかっているということは、「起業してしまうと応募できない」と思うかもしれません。

しかし、個人事業主であってもチャットレディ代理店への登録は可能なのです。現役チャットレディでも、開業届を出した上で代理店に登録している人はたくさんいます。

代理店に登録することで、更にメリットが増えるのでそのメリットをご紹介していきましょう。

通勤にすれば初期費用が抑えられる

チャットレディは独自でライブチャットサイトの運営会社と業務委託契約を結んで、在宅チャットレディとして働いていくか、代理店に登録した上でスタッフのサポートを受けながら通勤・在宅チャットレディとして働いていくか決めることができます。

代理店の事務所には個室のチャットルームが完備されており、チャットルーム内にはパソコンやwebカメラなどの必要な機材も備えられています。

独自で始める場合は自分で必要な機材を全て揃えなければいけませんが、代理店に通勤すれば備え付けの設備ですぐに仕事が始められるので初期費用ゼロで働き始めることができるのです。

起業するとなるとそれなりの資金が必要ですが、代理店に登録すれば準備金なしですぐに仕事を開始できるのはとても魅力的ですよね。

稼ぐためのコツを教えてもらえる

起業をする人といえば、長年どこかの会社で雇用されてスキルを付けた上で事業を立ち上げるというイメージがあるでしょう。しかし、チャットレディの代理店に所属すれば、全く経験のない初心者でも働き始めることが可能なのです。

大手代理店なら稼ぐためのノウハウも揃っているので、初心者でも稼ぐコツをしっかり教えてくれます。先輩チャットレディもチャット中の体験談を踏まえた上でアドバイスをしてくれることもあるので、とても参考になりますよ。

自分に合った働き方で稼ぐ方法がわかるので、目標金額にも近付きやすくなります。サポート体制の整った代理店を探してみてくださいね。

ボーナス制度もあり

代理店によって異なりますが、ボーナス制度を採用しているところもあります。店舗内の人気ランキング上位者へのボーナスや、イベントボーナスなどその種類は様々です。

大手代理店の場合、報酬よりもボーナスのほうが金額が上回るなんてこともあり得ます。こうしたボーナス制度は個人事業主であれば受け取ることのできないはずのものなので、モチベーション維持にもとても効果があります。

ボーナスの獲得も積極的に行うことで、より多くの収入を得ることができるので是非活用していってくださいね。

確定申告のサポートも受けられる

個人事業主が毎年頭間を抱える「確定申告」ですが、代理店に登録すれば確定申告のサポートも受けられる場合があります。すべての代理店ではないのですが、サポートが充実した代理店であれば経理スタッフや顧問税理士が相談に乗ってくれるのです。

多くの報酬を稼ぎたいというチャットレディの気持ちを理解してくれているからこそ、節税対策などについてもしっかりアドバイスしてくれます。代理店に登録する女の子が働きやすいようにサポートしてくれるので、起業したからすべて自分で背負わなければいけないということもありませんよ。

チャットレディが起業して開業届を出したならAlice福岡でサポートを受けて働こう

チャットレディが起業することは、そんなに難しいことではないと感じた人は多いでしょう。開業届もすぐに作成できるので、迷っていた人はこれを機会に提出してみてください。

また、起業したとしてもしっかり稼いでいきたいのであれば代理店登録をおすすめします。福岡エリアでは、チャットレディAlice福岡が人気の代理店です。

Aliceには女性スタッフも常駐していて相談しやすいですし、稼ぐためのノウハウも揃っています。もちろん確定申告のサポートも受けられますよ。

また、アリスは大手代理店なのでライブチャットサイトの第一次加盟店となるため、様々な部分で優遇されていると感じることも多くなるでしょう。
ボーナス制度も充実していて稼ぎやすいですよ。

少しでも気になったら、アリスへ一度体験に行ってみてはいかがでしょうか。