税金

実は簡単!チャットレディは確定申告のやり方に悩む人が多い

2021年12月13日

チャットレディは確定申告のやり方に悩む人が多い

チャットレディは個人事業主として働くことになります。そのため、会社員のような源泉徴収はありません。確定申告書を提出して自分で所得税や住民税を納める必要があるのです。

この確定申告に悩むチャットレディは多く、毎年確定申告の時期になると苦労するチャットレディはたくさんいます。

この記事では、そんな確定申告をスムーズに行うためのやり方などを解説していきたいと思います。「自分で確定申告を終わらせられるか不安」というチャットレディに向けた情報なども紹介するので、是非参考にしてみて下さい。

チャットレディの確定申告のやり方はそんなに難しくない

確定申告と聞くと、みなさまどんなイメージを持っていますか?「複雑で難しそう」「いろいろ調べなきゃダメで時間がかかるもの」というイメージを持っている人が多いと思います。

特別控除や所得控除、基礎控除など、今まで聞いたことがない単語が次から次に出てくると頭がこんがらがるものです。聞いたことがない言葉に悩まされる人もいるでしょう。

しかし、実際に確定申告を終わらせてみると、「意外に簡単だった」と感じる人も多いです。「難しい」という先入観を捨てて確定申告をしてみると、意外と簡単にできることもあるでしょう。

確定申告とは?

一度も確定申告をしたことがない人に向けて、まずは確定申告について簡単に紹介していきます。

確定申告とは、「年間の収入を申告してそれに伴う税金を納める」というものです。「今年〇〇万円稼いだので、〇〇万円納税します」という報告を税務署に対して行うというイメージを持つとわかりやすいと思います。

2月の半ばから3月の半ばまでに、前年の稼ぎについての申告を行います。現在では電子申請も可能となっており、昔よりも手軽に行えるようになってきました。

確定申告の義務がある人

個人事業主だからといって、誰もが確定申告の義務があるとは限りません。所得で確定申告が必要かどうかが決められており、この必要になるラインの所得を得ていないのなら、する必要はないのです。

チャットレディをして確定申告が必要になるのは、以下の通りです。

・本業なら所得が年48万円以上ある人
・副業なら所得が年20万円以上ある人

これに当てはまる人は確定申告をする必要があります。この所得額というのは、チャットレディとして稼いだお金から、必要経費を引いた金額のことを指します。

例えば、個人事業主としてチャットレディをしている人が、年間100万円の収入を得ていたとしても、経費が60万円かかっているのなら所得額は40万円となり、確定申告をする義務が発生しないのです。

確定申告が必要になるかどうかの判断は、収入ではなく所得額で判断されるというのを覚えておきましょう。

確定申告の義務があるのにしないとどうなるのか?

確定申告をする義務があるのにこれを怠ると、ペナルティを受けることになります。無申告加算税や延滞税を取られ、通常納めるべき税額の倍近くの税金を納めることになるので注意が必要です。

確定申告の義務があるのなら必ず行おう!

たまに、「確定申告のやり方がわからない」からと、義務があるのに確定申告をしない人もいます。しかし、バレてしまったときに多額の税金を納めることになるので、義務があるのなら必ず行うようにしましょう。

特に、チャットレディは多くの報酬を受け取れる仕事です。事業所得が高額だからこそ、それだけペナルティを受けたときに納める税額も増えてしまいます。「追加で納める税額があまりにも高額すぎて納められない」ということにならないように、きちんと確定申告を行うようにして下さい。

チャットレディの確定申告を簡単に終わらせるやり方を紹介

毎年、確定申告の時期になると焦るチャットレディは多いです。この時期に焦りたくないのなら、やり方を学んだり準備をしておく必要があります。

ここでは、スムーズに確定申告を終わらせたい人に向けたやり方や準備の方法をいくつか紹介していくので、是非チェックしてみて下さい。

クラウド会計ソフトは必ず使おう

確定申告をするのなら、クラウド会計ソフトは必須です。クラウド会計ソフトを使うことで、まるで家計簿と同じような書き方で確定申告を終わらせることができます。

もらった収入と使った経費を記入するだけで確定申告書を作成できるので、初心者チャットレディにこそおすすめです。

クラウド会計ソフトは有料のものが多いのですが。お金を払ってでも使う価値は間違いなくあります。

白色申告のほうがすぐに終わる

確定申告は「白色申告」と「青色申告」という2種類が用意されています。この2つは控除額や確定申告書の作成方法に違いがあり、青色申告のほうが多く控除を受けられます。

控除というのは、所得額からいくらか割り引かれ、それだけ納める税金を抑えられるというものです。100万円の所得があって48万円の控除を受けられるとしたら、52万円の部分にのみ税金がかかることになります。

青色申告は控除額が増えますが、それだけ複雑な手続きが必要になります。確定申告初心者がいきなり青色申告をするとなると、手間や時間がかかってしまうでしょう。

「できるだけ早く確定申告を終わらせたい」という人は、手間がかかる青色申告ではなく、簡単にできる白色申告で確定申告をしてみて下さい。「時間がかかってもいいから納める税金の額を減らしたい」という人には青色申告がおすすめです。

税務署に行くと職員が教えてくれる

毎年、確定申告の時期になると税務署に確定申告の特設コーナーが開設されます。やり方がわからない人はそこにいくことで、税務署職員からやり方を学ぶことができます。

「自分の収入は雑所得、給与所得、事業所得のどれなのか?」という初歩的な疑問から、「扶養や配偶者控除についての計算の疑問」などの相談も可能です。

しかし、毎年この時期には多くの人が税務署に訪れるので大変混雑してしまいます。もし、混み合っているのが嫌な人は、税理士に相談することで確定申告のサポートを受けられます。お金がかかりますが、税務署での待ち時間が嫌な人は税理士に相談してみて下さい。

事前に帳簿を付けておくことを心がける

確定申告というのは、毎年同じ時期に行うものです。毎年行うのが決まっているからこそ、このときのためにしっかりとした準備をしておくことで、スムーズに終わらせられます。

確定申告の時期に焦ってしまうのは、この準備が足りない人です。事前に帳簿を付けておいたり、領収書をまとめておくことで、確定申告の時期になっても焦ることはありません。

・収入はこまめにメモする
・月に一度でいいので領収書などの書類をまとめる

これをするだけで確定申告の手間を大きく減らすことができます。締め切り間近になって焦らないように、事前に準備をしておくようにしましょう。

確定申告の時期はチャットレディの出勤が減る

何も準備をしていない人の確定申告というのは、時間がかかるものです。そのため、この時期に出勤できなくなるチャットレディが多くなります。

逆に考えると、この時期に出勤できるチャットレディというのは、それだけ収入を増やせるとも考えられます。きちんと準備をしているチャットレディは、確定申告の時期でも出勤時間を減らすことはありません。

この時期に多くの収入を稼ぎ出せるチャットレディになれるように、事前の準備をきちんとするようにしましょう。

チャットレディの代理店に登録すれば確定申告のやり方を学べる

確定申告ができるか不安に感じている人は、チャットレディの代理店に登録しましょう。チャットレディAlice福岡という代理店では、税理士と顧問契約を結ぶことでチャットレディに確定申告のサポートができる環境を整えてくれています。

なにかあればすぐに相談できる環境があるというのは、大変心強いものです。また、自分で税務署に足を運ぶ必要もありませんし、税理士に依頼料を払う必要もありません。無料でいつでも相談できるというのは、非常にありがたいものだと言えます。

また、副業チャットレディは会社にバレずに住民税を納めるための「普通徴収」と「特別徴収」の違いも学べます。副業チャットレディは、住民税の部分から会社に副業がバレてしまうので注意が必要です。

チャットレディAlice福岡では、他にもさまざまなサポートを用意しています。多くのサポートを受けながらこの仕事をしたい人は、是非こちらの代理店を選んでみて下さい。