チャットレディのメンタルはどう保つ?考え方やケア方法を紹介

リスク

チャットレディのメンタルはどう保つ?考え方やケア方法を紹介

2024年1月14日

チャットレディで稼ぐには安定したメンタルが必須!

高収入で働き方も自由、初心者でも始めやすいといった理由で人気のチャットレディですが、メールだけで完結するメールレディとは異なり、メンタルの維持が難しい仕事でもあります。
メンタルを安定させるための考え方やケア方法を知っていれば問題なく稼げますが、知らないまま働き続けると、いずれメンタルが不安定になってくるでしょう。
今回、この記事では、なぜチャットレディのメンタルは崩壊しやすいのか、どのような考え方、ケア方法で乗り越えていけば良いのかをご紹介します。
チャットレディ初心者の方はもちろん、これからチャットレディを始めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

チャットレディがメンタル崩壊する理由って?

メンタルが不安定になってしまう理由を知ることで、メンタル崩壊の対処法が見つかることもあります。
まずは、チャットレディがメンタル崩壊する理由を見ていきましょう。

相性の悪いお客さんが続く

チャトレは、ライブチャットサイトで男性会員と会話をしたり、パフォーマンスを披露したりするのが仕事です。
そのため、チャトレとして稼ぐには、男性と関わることを余儀なくされるのです。
チャトレを求めてくるお客様の中にはもちろん紳士で良い人もたくさんいます。
自分のタイプでなくとも、純粋に会話を楽しめたり、リラックスしながら接客できたりと、相性の良いお客さんに出会えることも多いです。
しかし、長くログインし、1日に何人ものお客さんを相手にしていると、意地悪をしてくる、嫌なことを言ってくる男性が現れることも事実です。
その日の体調によっては、順調に仕事が進んでいても、相性の悪いお客さんが1人訪れるだけで、メンタルが不安定になってしまうこともあるでしょう。

身バレの心配

チャトレを副業としている場合、会社や家族、彼氏にバレてしまう可能性があることは、大きなリスクです。
メイクや髪型、キャラクターを変えるなどの工夫や、代理店による協力があれば、身バレのリスクを抑えることは可能です。
しかし、どのように工夫をしていても、身バレへの心配は尽きません。
隠し続けるために嘘をつかなければならないこともあるため、それが精神的な負担につながってしまいます。

収入が不安定

チャトレは、一般的なバイトとは異なり、時給制ではない上、固定給もありません。
歩合制の仕事であるため、お客さんとチャットしない限り、収入は得られないのです。
必ずお客さんがきてくれる保証もないため、極端な話、出勤しても稼げない可能性があります。
つまり、2ヶ月連続で20万円を超える報酬がもらえても、突然収入が半分以下になってしまうケースもあるのです。
こういった不安定さは、生活をしていく上で、精神的な負担にもつながります。
特に稼げない月が続くと、さらにメンタルが崩れやすくなるでしょう。

アダルトな要求に応えなきゃいけない

チャトレには、ノンアダルトとアダルトの2種類があります。
基本的にアダルトであれば、男性からのアダルトな要求に応えなければなりません。
彼氏や好きな人でもない男性を相手に、性的な目を向けられたり、言いなりにならなければならなかったりすることは、メンタルが不安定になる原因となります。
虚しさを感じるのはもちろんのこと、男性の嫌な一面を目の当たりにしすぎて、男性不信になってしまうことも多いです。
また、ノンアダルトのチャトレでも、過激な要求をされることがあります。
ノンアダルトの場合、脱がなくても問題ありませんが、要求を上手くかわす技術がない場合、要求されること自体にストレスを感じ、精神的な負担になってしまいます。

これはNG!メンタルを保てないチャットレディの考え方

次に、メンタルを保てないチャットレディがやってしまう考え方、メンタルが保ちやすくなる考え方を見ていきましょう。

1人で抱え込んでしまう

家族や彼氏、友人にチャトレとして働いていることを隠している方は多いです。
そのため、仕事の愚痴を誰にも言えない、トラブルに巻き込まれても自分で解決するしかないと、1人で抱え込んでしまい悩みこんでしまうことがあります。
言いづらい仕事ではあるものの、1人で抱え込んでしまうと、さらにメンタルが悪化してしまう可能性があります。
つまり、1人で抱え込んでしまうチャトレは、メンタルを安定させることができないのです。
精神的に安定した状態で働き続けるには、1人で抱え込まず、相談相手や頼れる人を作っておくことが欠かせません。
経験豊富なスタッフが常駐しており、いつでも相談できる環境を提供している代理店であれば、精神的なサポートを受けながらチャトレとして働けます。
もちろん、チャトレとして働いている女性に相談するのも1つの方法です。
抱え込んでしまう方は、辛くなったりトラブルに巻き込まれたりした時、誰かに頼る癖を付けましょう。

暴言や無理な要求にも応える

経験が足りていない、稼げていないという理由で、男性からの暴言や無理な要求にも応えてしまうチャトレは多いです。
しかし実際は、全ての内容には、丁寧に対応する必要はないのです。
「自分はまだまだだから」と無理に対応していると、男性が付け上がり、さらにエスカレートしていく可能性もあります。
その結果、メンタルを病み、チャトレを辞めざるを得なくなってしまう女性も少なくありません。
ライブチャットサイトには、ブロック機能や通報機能が備わっています。
チャットで暴言を吐いてくる、しつこく無理な要求をしてくる男性がいたら、メンタルを優先し、そういった機能を活用するようにしましょう。
暴言などが酷いお客さんを徹底的にブロックしていくことで、自分の働きやすい環境を作れるのもチャトレの魅力です。
のびのびと働いていくためにも、自分が無理をしないということがとても大切なのです。

収入が全てだと思い込んでいる

チャトレは、チャットをすればするほど稼げる仕事です。
そのため、睡眠時間や趣味の時間などを削って働く女性も少なくありません。
もちろん、今月はあまり働けないという事情があり、少ない日数で稼ぎたい場合は仕方ないでしょう。
しかし、毎月毎月睡眠時間を削って働いてしまうと、体に大きな負担がかかります。
その結果、生活リズムが狂い、精神的にも不安定になってしまうケースが多いのです。
収入が全てだと考え、休まずに働いたとしても、いずれ体への負担に耐え切れなくなり、働けない日々が続いてしまうかもしれません。
自分の体調やメンタルを見ながら目標を決め、余裕があれば働く時間を増やすという方法がおすすめです。

チャットレディのメンタルケア方法

ここからは、売れっ子チャットレディが徹底しているメンタルケア方法をご紹介します。

睡眠時間をしっかり確保

先ほどもご紹介しましたが、睡眠時間が少なくなるほど働くことは、メンタルに悪影響を及ぼします。
睡眠不足のまま働き続けると、いつもは何も感じない言葉にストレスを感じたり、気分の浮き沈みが激しくなったりするのです。
睡眠は、体だけでなく脳やメンタルの回復にも欠かせない要素です。
結果的にしっかり睡眠を取っている方が、メンタルが安定し、丁寧な接客ができます。
精神的なダメージを負いやすくなったと感じたら、いつも以上に睡眠を取るのもおすすめです。

疲れたら休む

毎日出勤するメリットには、経験が増える、リピーターが付くなどが挙げられます。
しかし、チャトレは通常の仕事よりも高収入である反面、体も心も疲れやすいと言えます。
そのため、体や心に疲れを感じたら、しっかりと休養を取る事が大切です。
自分の好きなことをする時間に充てたり、リラックスして体力回復を試みたりして、有意義な時間を過ごしましょう。
しっかりと休むことで、丁寧な接客がしやすくなる他、より魅力的な女性を演じられるはずです。

毎日日光を浴びる

チャトレは室内での仕事になるため、朝から晩まで働くと、日光を浴びる時間が少なくなります。
日光を浴びずにいると、肌の調子が悪くなったり、自律神経が不安定になったりして、メンタルの乱れにもつながります。
通勤チャットレディであれば、多少は浴びる時間があるかもしれません。
在宅チャットレディとなると、日光を浴びる時間が極端に減るでしょう。
意識的に日光を浴びるようにするだけでメンタルケアになるため、ぜひ取り入れてみてください。

自分磨きをする

自分磨きは、チャトレとしてのレベルを上げることが目的となりがちですが、自分のメンタルを保つためにも有効です。
自分が可愛くなっていく姿を見ると、それだけでテンションが上がったり、自信が持てたりします。
自分磨きは、美容院やネイル、ショッピングなど、何でも構いません。
自分にお金をかけ、少しだけ自分を好きになることが、チャトレとして稼ぐために大切なのです。

メンタルケアが手厚い代理店はチャットレディアリス福岡

今回は、チャットレディをする上で重要なメンタルについてご紹介しました。
安定したメンタルを維持できるようになれば、自然と稼げるようになる他、仕事自体も楽しみながら行えます。
しかし、チャトレ初心者の場合、習得するべきことが多すぎて、メンタルケアにまで手が回らないこともあるでしょう。
チャットレディアリス福岡は、経験豊富なスタッフが多く、メンタルケアも手厚い代理店です。
通勤チャットレディとして働けば、事務所にいるスタッフにいつでも相談できます。
代理店探しに苦戦している方はもちろん、これからチャットレディを始めたいという方は、ぜひ求人をチェックしてみて下さい。