チャットレディが賃貸契約で部屋を借りるときのポイントを紹介

知恵袋

チャットレディが賃貸契約で部屋を借りるときのポイントを紹介

2022年11月15日

チャットレディは賃貸契約を断られやすいって本当?

家を借りるときに重要になる、借主の職業。借主がしている仕事次第で、賃貸契約を断る不動産オーナーはたくさんいます。

では、チャットレディはどうなのでしょうか。この仕事をしていても、問題なく賃貸契約を結べるのか不安を感じる女性も多いと思います。

この記事では、そんなチャットレディと賃貸契約について紹介していきたいと思います。「実家暮らしからの引越しを考えている」「チャットレディをしてお金が貯まったからいいマンションに引越したい」と考えている人は、是非チェックしてみて下さい。

チャットレディはどうして賃貸契約を断られやすいの?

賃貸契約を行うときは、必ず借主の職業はチェックされます。貸す側としても、家賃の未払いは絶対に防ぎたいので、「きちんとした収入源はあるか?」という部分は細かく調べられます。

また、その人が行っている仕事次第で、ある程度どんな人かの判断もできるので、職業は入居審査に大きく影響する要素です。

残念ながら、チャットレディという職業は賃貸契約を行う際に不利になってしまうことが多いです。では、なぜチャットレディは不動産オーナーから嫌がられるのでしょうか。

ここではその理由について解説していきたいと思います。

賃貸契約を断られる理由①|社会的な信用が低い仕事だから

チャットレディのことをよく理解していない人の中には、『チャットレディ=アダルト系の仕事』というイメージを持っている人が多いです。

中には、メールレディと同じように、サクラ的なことをして稼ぐ仕事というイメージを持っている人もいます。そのため、まだまだチャットレディは社会的な信用は高くありません。

「チャットレディにはまともな人はいない」と考えられ、賃貸契約を断るオーナーはたくさんいます。

賃貸契約を断られる理由②|問題を起こされそうだと考えられる

チャットレディの中には、事務所が用意しているチャットルームに通わず、自宅で在宅ワークとして働いている女性もいます。

審査のときに、「家で配信をされてなにか問題を起こされそう」と考えられ、審査に落とされることもあります。

基本的に家を貸す側としては、その家で問題を起こされるのを嫌がるものです。ストーカー行為を受けたり住所を拡散されたりと、チャットレディに部屋を貸すというのはそれなりにリスクがつきまといます。

これを嫌がって賃貸契約を断るオーナーは非常に多いです。

賃貸契約を断られる理由③|個人事業主で不安定な仕事だから

チャットレディの仕事は歩合制です。高収入を稼げる仕事ではありますが、不安定な仕事ともいえます。毎月の収入にはバラつきがあり、「月収を比較すると何十万も差がある」ということも、当たり前にあるくらいです。

家を貸す側としては、できるだけ安定性を求めてきます。個人事業主よりもたとえ収入が落ちたとしても、会社に雇われているサラリーマンのほうが、入居審査では有利に働くものです。

チャットレディは、個人事業主として働くことになるので、この部分も審査ではマイナスに働いてしまうでしょう。

チャットレディが賃貸契約をするときのコツを紹介

チャットレディが部屋を借りるときは、普通にしては断られてしまいます。いくつかのコツというものが存在します。

ここでは、チャットレディでも部屋を借りるための方法を紹介していきたいと思います。

チャットレディということは隠す

最も大事なのが、チャットレディをしているということを隠すということです。正直にチャットレディをしていると言うのではなく、この部分は曖昧にすることをおすすめします。

しかし、嘘をつくのは絶対にいけません。嘘をつかないで曖昧にする必要があります。

職業については、『IT系の個人事業主』と伝えることをおすすめします。チャットレディは、ライブチャットサイトで仕事を行うので、IT系は嘘にはなりません。また、ほとんどのチャットレディが個人事業主として働くので、個人事業主という部分も事実です。

『IT系の個人事業主』と聞くと、年配の方はITに馴れていないので、ちゃんとした仕事という印象を与えることもできます。普通にチャットレディと伝えてしまうと、契約を断られる可能性が高くなるので、職業はこのように伝えるようにして下さい。

高収入チャットレディは貯金額で勝負しよう

賃貸契約では、今ある貯金の額も重視されることがあります。チャットレディは高収入を稼げる仕事です。同世代の女性と比べると、貯金額が多い傾向にあります。

賃貸契約をしたいのなら、この貯金額で勝負するようにしましょう。

また、賃貸契約の審査では実際の所得金額をチェックするために、確定申告書の控えが必要になることもあります。確定申告書の控えは失くさずに保管しておくようにしましょう。

人柄を見られていることを忘れない

賃貸契約の審査では、その人の人柄なども見られています。不動産会社のスタッフから、オーナーに対して接した印象を伝えられることがあるので、きちんとした対応をするようにしましょう。

「約束の時間には遅れない」「書類の提出期限は守る」など、大人として当たり前の行動ができるように心がけて下さい。

チャットレディが賃貸契約を断られたときの対策方法

上記で紹介した方法でも、場合によっては契約を断られることもあります。しかし、断られたとしても、対策をすることで新たに契約ができる場合もあるので、一度断られたからと諦めるのはやめるようにしましょう。

ここでは、賃貸契約を断られたときの対処法について紹介していきたいと思います。

家賃を下げて部屋を探す

基本的に家賃が高い家というのは、入居するための審査も厳しくなります。逆に、そこまで高額な家賃でなければ審査が緩くなることが多いです。

もし、審査で落ちてしまった原因が家賃の高さにあるのなら、賃料を落としてみることをおすすめします。家賃を落とすことで、部屋のレベルも落ちてしまいますが、それでも安い家賃ながらいい部屋というのは存在します。

細かく賃貸情報サイトなどをチェックし、安いなりにいい家を見つけてみるのがいいでしょう。

シェアハウスに入る

何らかの原因で家を借りられないのなら、シェアハウスに入るというのも一つの手です。どちらかというと、シェアハウスは審査が緩いところが多く、チャットレディをしていても入居できる可能性は高くなります。

また、シェアハウスなら連帯保証人が不要だったり、保証会社を利用しなくてもいい場合もあります。

代理店のスタッフに相談する

それでも借りられる家を見つけられないのなら、チャットレディ代理店の男性スタッフに相談するのがおすすめです。

場合によっては、そのチャットレディ会社が用意しているチャットルームを貸してくれて、住み込みチャットレディとして働けることもあります。

また、ナイトワークをしている女性向けの不動産会社を紹介してくれたりするので、賃貸契約ができる可能性が高くなります。

なにか解決策を提示してくれることもあるので、「どうしても自力で契約できる部屋を見つけられない」というチャットレディは、登録している代理店に相談するようにしましょう。

チャットレディAlice福岡は幅広いサポートをしてくれる代理店

賃貸契約を成功させるためのアドバイスが欲しい人におすすめなのが、チャットレディAlice福岡という代理店です。こちらの代理店では、チャットレディに対してさまざまなサポートを行っており、賃貸契約を結ぶためのアドバイスもしています。

他にもこの仕事を始めた女性が悩む部分である確定申告についても、税理士などから助言を受けることができます。「どんなものが経費になるのか?」「どうやって確定申告書を作成すればいいのか?」など、税金について一から学べるでしょう。

チャットレディAlice福岡は、通勤チャットレディでも在宅チャットレディでも高収入を目指せる代理店です。

登録している女性たちからも口コミ評判がいいので、「優良代理店に登録して高収入を稼ぎたい」という人は、是非チャットレディAlice福岡に登録して働いてみて下さい。