チャットレディは年金をもらえる?毎月どれだけ払えばいいの?

働き方

チャットレディは年金をもらえる?毎月どれだけ払えばいいの?

2023年2月6日

チャットレディをするなら国民年金保険料を納めるのを忘れずに

年金というのは、老後を考える上で大切なものです。年金保険料の支払いを怠ってしまうと、将来苦しい思いをしてしまうのできちんと支払うようにしましょう。

もちろん、チャットレディをする場合も年金を支払わなければなりません。

しかし、年金制度というのは多少複雑な内容なもので、あまり理解できていない人も多いでしょう。曖昧な知識のままでいると、将来大きな損をしてしまうこともあります。

この記事では、そんな年金の話について解説していきたいと思います。

チャットレディはどの年金に加入すればいい?

年金には、国民年金と厚生年金という2つの種類があります。チャットレディの中には、「どっちの年金に加入すればいいかわからない」という人も多いでしょう。

日本の年金制度は国民年金と厚生年金の二段構えだといわれています。実際に会社員などは、どちらかの年金にも加入している人が多いです。

しかし、厚生年金は会社に雇用されている人しか加入できず、チャットレディが加入する年金は基本的には国民年金のみになります。この仕事は業務委託の個人事業主として働くので、会社員などが加入する厚生年金には加入できないのです。

国民年金だけじゃ不安という個人事業主に向けた、国民年金基金やiDeCoといったものも用意されています。将来のことを考えるのなら、国民年金だけではなく、これらのものに加入するのもいいでしょう。

チャットレディが年金を支払うメリットって?

年金の保険料は毎月支払います。中には、「この支払いって本当に意味があるの?」「日本の年金制度って危ないんじゃないの?」という声も多く聞かれます。

では、年金保険料を支払うメリットとはどういうところにあるのでしょうか。ここでは、毎月年金保険料を支払うことで得られるメリットを紹介していきます。

老後に生活資金を受け取れる

最も大きなメリットはこちらです。人は何歳まで生きられるかわかりません。特に平均寿命がどんどん伸びている昨今、老後の蓄えはあればあるだけいいといえます。

この年金も老後の蓄えの一つです。将来のために毎月コツコツ保険料を支払っていくことで、老後に年金を受給することができるのです。

年齢を重ねれば重ねるほど、収入を得るのが難しくなります。60歳を超えてしまうと、どこにも採用されなくなり、貯金はどんどん減っていくでしょう。

しかし、年金を毎月受け取ることで、収入源を確保することができます。毎月受け取れる年金の額はそこまで多くはないにせよ、収入源があるのとないのでは心理的な負担が大きく変わるものです。

老後の収入を確保するために、今頑張って年金を納めるようにしましょう。

確定申告で控除を受けられる

チャットレディは個人事業主として働くので、毎年確定申告を行って所得税と住民税を納付することになります。このとき、年金の保険料を支払っているとその分の控除を受けることが可能です。

社会保険料控除というものが用意されており、こちらを適用することで納める税金の額を抑えられます。

これについても、年金を支払うメリットだといえるでしょう。

チャットレディは年金をどれくらい払えばいいの?

では、チャットレディは毎月国民年金保険料をどれだけ納めればいいのでしょうか?ここでは、必要な年金額と支払いをお得にするための方法について紹介していきます。

チャットレディが支払う年金の額

個人事業主などが支払う国民年金保険料は、月額16,590円となっています。年間で199,080円というまとまった額になります。

この金額については、物価高や賃金などにより毎年変わる仕組みになっていますが、大幅な増減はありません。

前納割引制度を活用しよう

年間で20万円も払うとなると、それなりにコストになることは間違いありません。そのため、年金には前納割引制度というものが用意されています。

今後支払う年金を事前に納めておくことで、年間3,000円程度の割引を受けられます。20万近く払うものから3,000円が引かれるというのはそこまで大きくない割引ではありますが、安くなることには変わりありません。

少しでもお得に年金保険料を支払いたい人は、是非前納制度を利用してみて下さい。

チャットレディが年金を払えないときはどうしたらいい?

年間20万円もの金額がかかる国民年金。中には、支払いができない人もいるでしょう。

そのような人は必ず免除申請を行うようにしましょう。免除申請が認められれば、その間は納付扱いになり、将来年金を受け取ることができます。

しかし、免除申請をしない場合は未納扱いになってしまうので、将来年金を受け取れなくなってしまいます。

免除申請はそこまで複雑な手続きではないので、年金を支払うお金がない人はやっておくようにしましょう。

チャットレディの年金以外の公的な支払い

国民年金は日本に住む20歳から60歳の人は必ず加入しなければなりません。また、これに関する毎月の支払いは忘れずに行う必要があります。

チャットレディをしていると、この年金保険料や健康保険以外にも支払わなければならないものがあります。それが税金です。

特に、高収入を得られる専業チャットレディは事業所得が多くなるので、納めるべき税金も高額になります。

ここでは、そんな税金についての説明をしていくので、是非チェックしてみて下さい。

チャットレディは個人事業主なので確定申告をして税金を納める

個人事業主として働くチャットレディには、会社員のような社会保険や源泉徴収は用意されていません。全て自分で申告して納付を行う必要があります。

確定申告を行って所得税を納めることになるので、必ず期日までに確定申告書を提出するようにして下さい。

この仕事をしている全ての人が確定申告が必要になるわけではありませんが、まとまった収入を得られる仕事なので、確定申告の義務を負う人のほうが圧倒的に多いです。

義務があるのにこれを怠ってしまうと、追徴課税を受けることもあるので注意するようにしましょう。

納める税金を減らしたいのなら経費が重要

高収入を稼げるチャットレディは、税金の負担も大きくなります。そのため、節税を心がける必要があります。

節税効果が大きいのは経費の計上です。経費を計上することで所得を抑えられるので、忘れずに行うようにしましょう。

しかし、どんな出費でも経費にできるわけではありません。仕事に必要な出費だけしか経費にできないので、関係ないものまで計上するのはやめるようにして下さい。

税金についてわからないときはどうしたらいい?

税金の制度というのは大変複雑なものです。自分で調べようとしても理解できないものもあるでしょう。

配偶者控除や配偶者特別控除、給与所得控除や扶養控除の違いなど、似たような言葉も多く、若干のアレルギーを感じる人も多いです。

そんな人は、税理士に相談することをおすすめします。税理士は税金のプロなのでどんな相談でも回答してくれるでしょう。

自分で調べては間違ってしまうこともありますし、計算ミスをしてしまうこともあります。特に確定申告で間違いやミスをしてしまったときは、もう一度やり直すことにもなってしまいます。

これでは二度手間になるので、税金についてわからないことがあるときは、税理士に相談するのがいいでしょう。

チャットレディの代理店に登録すれば年金について学べる

日本の年金制度というのは複雑なものです。制度をしっかり理解できている保険者のほうが少なく、これにより大きな損をしている人も多いです。

もし、年金や税金について理解できていないのなら、チャットレディの代理店に登録することをおすすめします。チャットレディAlice福岡という代理店では、顧問税理士による税金などのアドバイスを行っており、すぐに相談できる環境を整えてくれています。

また、こちらの代理店には高収入チャットレディが多く在籍しており、稼げるコツなどを学ぶことも可能です。初心者にも優しい代理店なので、「初めてチャットレディをする」という女性にも喜ばれています。2023の代理店ランキングでも、上位に位置付ける人気の代理店です。

チャットレディ求人に応募して、面接を受けるだけで働くことができます。細かいサポートをしてくれる代理店を探している女性は、是非チャットレディAlice福岡を選んで働いてみて下さい。