チャットレディは給与所得ではなく報酬制!確定申告も必須?

税金

チャットレディは給与所得ではなく報酬制!確定申告も必須?

2022年11月21日

チャットレディは給与所得ではないってどういうこと?確定申告も不安!

チャットレディは女性なら誰でも高収入を得られる仕事として、注目を集めています。高収入を稼げる理由の一つに、給与所得ではなく報酬制だからというものがあります。報酬制であるからこそ、上限なくお金を稼ぐことができるのです。

ただ、高額なお金を手にすることができる反面、源泉徴収を行ってもらえず確定申告を自分でしなければならないというデメリットもあります。
確定申告を行ったことがない人にとっては、大きな不安材料となっているでしょう。

今回は、源泉徴収や確定申告について詳しく解説していきます。

チャットレディは給与所得ではないから源泉徴収がない!

チャットレディは一般的な会社員やアルバイト社員のような給与所得のある仕事ではなく、業務委託契約として売り上げに対する報酬を受け取る仕事です。

給与をもらう人と、報酬を受け取る人では源泉徴収を「受けられる」か「受けられない」かの違いがあります。
どういうことなのか、詳しくご紹介していきましょう。

源泉徴収は給与所得がある人だけの特典

給与をもらう際には、住民税や所得税、雇用保険料や健康保険料、年金などが予め引かれた金額を受け取ります。これを源泉徴収といいます。
源泉徴収は会社が社員の税金を代わりに積み立てて、所得の計算や申告から納税まですべて代わりに行ってくれるのです。

源泉徴収を行ってもらえれば計算を間違える心配もないですし、毎月給与から支払う税金も天引きしてくれているので大きな金額を一気に支払わなければいけないということもありません。

年末調整時に天引きされていた金額が多かった場合は、余った金額を貰うことができるので、ちょっとしたボーナスのようにも感じるでしょう。

業務委託のチャットレディは源泉徴収はない

チャットレディの場合は業務委託なので源泉徴収のようなことはしてもらえず、全て自分で行わなければいけません。所得の計算を自分で行い、確定申告をして納税をするのです。

源泉徴収を行ってもらえないという部分だけではデメリットに感じるかもしれませんが、報酬受け取りだからこそ固定給を決められることなくどれだけでも稼ぐことができます。

もしも時給や月給が固定だったら、どれだけ頑張ってもさほど給料は上がりません。その分あまり売上を上げていない人への給料にまわされてしまうということが起きます。
頑張ったら頑張っただけ報酬として受け取れるのは、業務委託の大きな魅力といえるでしょう。

チャットレディは給与所得ではなく報酬受け取りのため確定申告を行う必要あり!

チャットレディは給与所得を受け取る雇用者ではなく、業務委託で報酬を受け取る立場なので確定申告を行う必要があります。

チャットレディなどの副業として知れ渡っている仕事は、「確定申告をしなくてもバレない」「確定申告をすると会社にバレる」などといった噂も飛び交っています。

チャットレディにとって確定申告は必要なのでしょうか。確定申告の手順とともにご紹介していきましょう。

一定の所得を超えれば確定申告は必須

確定申告は、給与所得以外の所得が一定の金額を超えた場合に必須となります。
確定申告が必要となる所得額は他に給与所得がある人の場合は20万円、他に仕事をしていない人で基礎控除額の48万円、別に事業所得や雑所得がある場合は合算して48万円の所得があれば確定申告が必要です。

所得とは、収入から経費や控除を引いた金額のことを指します。チャットレディとして必要となる経費などは自分で計算を行い、収入から差し引きましょう。

また、所得が一定額を超えていなかったとしても、事業所得としてチャットレディの収入を得ている場合は確定申告は行ったほうがいいといえます。
確定申告をすることによって受けられるメリットもありますし、引っ越しの際に必要となる収入証明書や所得証明書の準備にもなるのです。

確定申告が必要なのに確定申告を行った場合、ペナルティもあるので念のため申告は必ず行ったほうが安全でしょう。

申告方法は選べる

確定申告の際、申告方法には種類があります。事業所得や不動産所得以外の所得がある人は雑所得となり、所得税だけの申告となります。

チャットレディのように高収入の仕事であれば、ほとんどの場合は事業所得となります。

確定申告の際「青色申告書」か「白色申告書」が必要になってきます。開業届とともに青色申告承認申請書を提出することで青色申告を行うことができるのですが、青色申告の場合は所得税の申告の他に収支内訳書や決算書、必要に応じて消費税の申告書も必要になってきます。

青色申告は提出書類が多いだけではなく複式帳簿もつける必要があり内容が複雑になりますが、白色申告に比べて控除額も大きいので節税対策になるのが大きなメリットです。白色申告は控除額が少ないので、たくさん稼ぎたいなら青色申告を選ぶといいでしょう。

また、確定申告書自体にも種類が存在します。確定申告書Aは給与・年金専用で、確定申告書Bはすべての所得が対象となる申告書です。チャットレディは業務委託の仕事なので、確定申告書Bを選ぶようにしてください。

電子・紙どちらでも申告可能

確定申告の際には、e-Taxによる電子申告と印刷による税務署への提出の2種類の申告方法があります。ペーパーレスを推奨していることもあり、電子申告の方が控除額も大きくなります。

e-Taxでの申告は印刷の手間も省けますし、提出のために税務署へ出向くということもしなくても良くなります。ただ電子申告するには、マイナンバーカードやID・パスワード形式の届け出が必要になって来るので、マイナンバーカードを作成していない人や機械が苦手だという人は印刷での届出を選択することになるでしょう。

マイナンバーカードは作っておくと様々な場面で便利ですし、会計ソフトやクラウドを利用すると簡単に確定申告を行うことができるので機械が苦手な人も安心して確定申告を行うことができますよ。

控除や経費を収入から差し引こう

所得を計算するためには、控除や経費を収入から差し引く必要があります。経費は普段からチャットレディとして働くために必要となってくる費用の領収書を保管しておき、経費計上をして行くことになるでしょう。
例えば、メイク代や衣装代、通信費やパソコン代など仕事中に使用するものが経費として計上することができます。

また通信費や家賃などは、仕事で使う部分もあればプライベートで使う部分もあるでしょう。プライベートでも使うものに関しては、家事按分が必要になってきます。経費になるものがよくわからないという人は、税理士や代理店の経理スタッフに相談してみてください。

また控除額は、青色申告や白色申告によって変わったり人によって変わったりすることもあります。扶養する人がいる場合は扶養控除を受けることもできるでしょう。
医療費控除などもありますが、医療費控除は一年間の医療費が一定の金額になった場合は受けることができる控除です。これは一年経たないと分からない項目なので、病院や薬局の領収書を一年間しっかり保管するように癖付けをしてください。

また、国民健康保険料や国民年金保険料などの社会保険料控除もあるので、節税対策のために見落としがないように何でも保管する癖だけは付けておきましょう。
自分がどの控除を受けられるのかしっかり調べて、補助額を差し引くのを忘れたということがないようにしてくださいね。

確定申告書の作成を行う

確定申告は一番簡単なのが会計ソフトやクラウドを利用することです。ただ、費用がかかるものなので知識がある人は自分で行うという人もいるでしょう。国税庁サイト内の確定申告書作成コーナーで、入力することもできますよ。

最初に所得税の金額を入力し、その後所得控除、税額控除その他項目の入力へ進んでいきます。所得控除は先ほども触れたように、人によって控除額が違うので注意してください。

会計ソフトや確定申告書作成コーナーでは解説も付いているので、分からないときは知らずに解説を読みながら進めていってください。

添付する書類を確認

確定申告の際には添付する必要のある書類があります。電子申告の場合は機械やスマホを使ってマイナンバーを読み取りますが、でその場合はマイナンバーカードやマイナンバー通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写しなどと一緒に運転免許証などの身分証明書を提出します。

副業としてチャットレディをやっている場合は源泉徴収票の写し、収入の支払調書なども必要です。控除を受ける場合には、生命保険料や国民年金等の控除対象になるものの各種控除証明書を添付する必要が出てきます。
生命保険料控除証明書などは、秋頃になると生命保険会社から送られてくるので保管を忘れないようにしてください。

添付する必要のある書類は忘れずに提出するようにしましょう。初めてで何をどう保管すればいいのかわからないという人は、とりあえず何でも保管する癖をつけると安心ですよ。

間違いがないかしっかり確認して提出

確定申告は所得を申告して納税を行うために必要な作業です。国民の義務の納税が関わってくるので、確定申告書類に不備があるとペナルティーが課されてしまう可能性があります。

ペナルティーとは、申告加算税や延滞税といった実際に払わなければいけない税金よりも多い金額を支払わなければいけなくなるという内容です。本当はこの金額で済んだのに間違えてしまうことによって、さらに負担が大きくなるとなると悔しいですよね。

少しでも確定申告に不安があれば自分でやろうとせずに、確定申告会場で相談員に相談をするか、確定申告の時期より前に税務署に相談に行くなどの工夫をすると良いでしょう。
税理士を雇う人もいますが、お金がかかるので自分の稼いでいる金額を見ながら考えていきましょう。

チャットレディは給与所得ではない分高収入!確定申告が不安なら代理店登録で安心して稼ごう

チャットレディは給与所得者ではなく個人事業主となるので、源泉徴収を行ってもらえないため確定申告が必要になってきます。多くの場合はより高収入を稼ぎたいと思っていると思うので、事業所得として申告する形になってくるでしょう。

確定申告はとてもややこしいものなので、少し不安になった人もいるかもしれません。税理士に相談したいなと考えている人もいるかもしれませんが、チャットレディとして働くならサービスが充実した代理店に登録することがおすすめです。

様々なサポートを受けられる代理店に登録すれば、確定申告の相談にも乗ってもらえますよ。代理店の中でおすすめなのが、チャットレディAlice福岡です。
Aliceでは経理スタッフや顧問税理士が無料で確定申告のサポートを行ってくれるので、初心者でも安心して仕事に集中できます。

Aliceに登録さえすれば、お金のかかるようなサービスを利用する必要もなくなりますよ。副業チャットレディもたくさん働いているので、会社バレを防ぎたいという人へのアドバイスも行ってくれます。

少しでも気になったら、Aliceへ面接に行ってみてはいかがでしょうか。学生や主婦に人気の代理店です。