チャットレディのカラコンは選び方が重要

チャットレディのお仕事中、カラコンを使っている女の子は多いです。
付けるだけで手軽に可愛くなれるカラコンは、今や、人気チャットレディの手放せないアイテムとなっています。
可愛く見せる目的以外にも、カラコンの持つメリットは豊富です。

とはいえ、間違った選び方をしてしまうと、目を傷つけてしまったり、逆に悪い印象を与えてしまう可能性があります。
カラコンは直接目に触れるものなので、安全に使うためにも、正しい選び方を知ることが大切です。

そこで、チャットレディがカラコンを使うメリットを紹介し、自分に合ったカラコンを見つけるために必要な知識を解説します。
また、チャットに適していないカラコンについても説明するので、カラコンの購入時には注意しましょう。

目次

  1. チャットレディにおけるカラコンの効果とは?
  2. チャットレディのカラコンの表示の見方と基礎知識
  3. チャットレディに合ったカラコンの選び方
  4. チャットレディに適さないカラコン
  5. チャットレディの身バレ対策はカラコン以外の方法も併用しよう

チャットレディにおけるカラコンの効果とは?

チャットレディがカラコンを使うと、次のようなメリットがあり、うまく活かすことで、チャットの報酬アップにもつながります。

  • 目を大きく見せる
  • 瞳のカメラ写りを良くする
  • 身バレ・顔バレ対策になる

カラコンを使って瞳を大きく見せると、白目と黒目の割合が変化します。
白目の割合が少ない瞳というのは、赤ちゃんの目に近いです。
そのため、若々しく、可愛い顔に見せる効果があります。

ライブチャットでは、男性のお客さんに対して、Webカメラを通して映像を配信するため、良い映像に見せるには、カメラ映りが重要です。
カメラ映りを良くするポイントは、輪郭を強調することにあります。
カラコンを使って、瞳の輪郭を強調すると、映像内で埋もれがちな目の印象を大幅にアップさせることが可能です。
瞳の動きもはっきりと見えるようになるので、笑った時の表情や上目遣いも、さらに良く見えるでしょう。

カラコンを使っているチャットレディの中には、可愛く見せるためだけでなく、身バレ・顔バレ防止のために使っている人も少なくありません。
目が普段と変わるだけで、その人全体の雰囲気も違って見えることから、手軽な身バレ・顔バレの対策グッズとして活躍します。
ノンアダルトチャットの場合、顔出し必須であるサイトは多いです。
カラコンは、そんな顔出ししているチャットレディの、強い味方であると言えるでしょう。

チャットレディのカラコンの表示の見方と基礎知識

チャットレディをしている人の中にも、カラコン初心者の方はいると思います。
カラコンを選ぶ時には、必ず見るべきポイントがあり、正しく選ばなければ、目を傷つけてしまう要因になりかねません。

基礎知識として、パッケージの表示の見方に関係する、「DIA(ダイア)」「BC(ベースカーブ)」「着色直径」の3つの言葉は、必ず押さえておきましょう。

DIA(ダイア)
DIA(ダイア)とは、レンズの大きさを表す表示です。
レンズの直径のことで、直径が13.5mmのレンズなら、「DIA 13.5」もしくは「直径13.5」と表記されます。カラコンを使って瞳を大きく見せるために、レンズの大きさも、大きければ良いというものではありません。
あまり直径が大きいと、眼球が酸素と触れる面積が減り、酸欠になってしまいます。
眼球が酸欠になると、眼精疲労や視力低下などのリスクがあるため、特にコンタクトに慣れていない初心者の方は、直径の小さなものから試していきましょう。

BC(ベースカーブ)
BC(ベースカーブ)とは、コンタクトレンズのカーブの度合いをのことで、数値が小さいほどカーブはきつくなり、数値が大きくなれば緩いカーブを表しています。眼球の大きさは誰しも同じではなく、人それぞれです。
自分の目に合っていない、BC値のコンタクトレンズを使うと、眼球に傷をつけてしまったり、レンズが外れやすくなってしまいます。

ベースカーブは、自分で測ることができないので、眼科を受診して測定してもらいましょう。

着色直径
着色直径とは、色がついている部分の直径を表します。
目を大きく見せるようにするには、レンズ直径ではなく、着色直径をチェックしなければいけません。
同じ着色直径のカラコンでも、レンズ直径が異なるものも多くあります。着色直径は、自分の黒目の大きさや、白目の面積を考えて選ばないと、極端に白目が隠れてしまうことになりかねません。
ちょっとずれただけでも、本来の黒目とカラコンの着色部分の間に、白目部分が見えてしまうこともあるので、バランスを見てサイズを選びましょう。

チャットレディに合ったカラコンの選び方

チャットレディがカラコンを安全に使うには、レンズの直径やベースカーブは、自分に合っているものを選ぶと良いです。
しかし、チャットレディの仕事に適したカラコンを見つけるには、他にも見るべきポイントがあります。

ここからは、チャットの仕事ならではのカラコンの見方になるので、効果的に使うためにも、しっかり押さえておきましょう。

レンズのサイズは安全に使えて可愛く見えるもの

カラコンの大きさは、最大で15.0mmのものまでありますが、チャットレディが使うなら、
直径は13.8mm〜14.5mmのものがおすすめです。
普段からカラコンをつけなれていない人であれば、目のトラブル防止のために、13.8mmのものか、それより少し小さいものから試してみると良いと思います。

サイズが小さくても、着色直径の大きさによって見え方が変わるので、安全に使えるサイズのカラコンから試していきましょう。

付けたときの発色を確認してから色を決める

カラコンの発色には、元々の瞳の色が関係してきます。

元の目の色が暗いのであれば、高発色のカラコンを選んだ方が、カラコンとしての役割をしっかり発揮してくれるでしょう。
反対に、高発色のカラコンを元の瞳の色が薄い人が選んでしまうと、目だけが浮いてしまい、違和感を与えてしまう可能性があります。

発色を見るコツは、カラコンのサンプル画像に大抵ある、未装着の瞳の色と自分の瞳を見比べることです。
自分の瞳の色とどのくらい差があるかを確認しておくことで、実際に自分が装着した時の発色が予測できますよ。

印象がどのくらい変わるかが身バレ防止の鍵

身バレ対策としてカラコンを用いたいのであれば、顔の印象が大きく変わるぐらい、色や派手さに着目して、選ぶと良いでしょう。

例えば、普段から派手なカラコンを使っているなら、縁取りも薄い裸眼風のカラコンを使ってみたり、真っ黒な瞳が特徴的な人なら、色素が薄く見えるカラコンを選ぶなど。
目の印象を、普段と全く違うように変えるだけで、身バレ効果は上がるでしょう。

チャットレディに適さないカラコン

チャットレディに適さないカラコン
チャットレディとしてカラコンを選ぶ際、ものによっては、チャットに適さないものもあります。

チャット中は、パソコンの画面を常に見ることになるので、目に疲労が溜まりやすいです。
目に疲労が溜まると、乾燥しやすくなったり、目がゴロゴロしてきます。
普段からも、こういった目のトラブルになりやすいチャットレディが、自分の目に合っていないカラコンを使うと、目に違和感を覚えやすくなるでしょう。
無理をし続ければ、目に関する病気にもなってしまいます。
なので、カラコンは、できる限り自分に合った、目に優しいものを選ばなければいけません。

また、アニメのキャラクターでしか見ないような、奇抜な色のカラコンもチャットには適さないです。
ナチュラルメイクと同じで、あくまで自然なものの方が男性受けが良いので、派手なカラコンも避けましょう。

チャットレディの身バレ対策はカラコン以外の方法も併用しよう

チャットレディがカラコンを使えば、印象がよくなったり、身バレ防止に役立知ます。
可愛く見えて、男性からの評判が上がれば、報酬にも自ずと結果が出るでしょう。

しかし、カラコンはワンデーのものが多く、何度もチャットにインしたい方にとっては、価格が気になると思います。
それに、身バレを気にするのであれば、カラコンだけで安心できるという方は少ないでしょう。

そんな時におすすめしたいのは、カラコンをメイク・ウィッグと同時に利用する方法です。
より確実な身バレ対策になることはもちろん、毎回カラコンを使うのが厳しくても、他の部分でカバーできるようになります。
カラコンを使わない代わりに、ウィッグを使ってイメージチェンジをしたり、メイクで目を大きくみせたりと、方法はさまざまです。

チャットレディ代理店のAlice(アリス)福岡なら、男性からの人気を得るためのノウハウが豊富で、現役チャットレディの女性スタッフにアドバイスをもらうこともできます。

さらに、身バレ対策として、レンタル衣装が用意されていたり、プロフィール画像の加工も行っているのでおすすめです。