チャットレディは本業可能?始める前に知っておきたいことは?

働き方

チャットレディは本業可能?始める前に知っておきたいことは?

2020年6月22日

チャットレディを本業にしている人は?

普段は会社員として働いていても、副業で他に仕事を持っている人は多くいます。
副業に選ぶ仕事のジャンルは様々ですが、選ばれているものの多くは自由な時間で働けるものや、短時間でも高収入が得られるものが多いのが特徴です。
また女性の場合、仕事が終わった夜の仕事を選ぶ人もいるでしょう。
様々な副業の中で、女性に人気のあるチャットレディは専門のサイトで男性とのやりとりを行うことで収入が得られるシステムです。
内容も顔を出してチャットを行うものやメールのみ、アダルト専門のものもあります。
人気が収入に反映されるシステムなので、人気が出てくると本業以上の収入になる人も少なくないでしょう。
しかし、現状ではチャットレディを本業にする人はあまりいません。
ある程度の収入が得られるのに、なぜチャットレディを本業にしている人はいないのでしょうか?
副業で人気があるのに、チャットレディを本業にしている人はいない理由をご紹介します。

チャットレディが本業でなく副業に選ばれる理由

チャットレディを本業にする人は少なく、副業として選ぶ人が多い理由は何でしょうか?
本業にする難しさなどと併せて見てみましょう。

歩合制で収入が変動する

チャットレディは、本業のように固定給で毎月の収入が決まっていることはありません。
長時間のログインなどで、多くの人とチャットすることが収入に繋がっていくのです。
そのため、どれだけ多くの人とチャットしたかで収入が変わり、頑張った分が金額で分かります。
しかし、自分がどんなに頑張っても収入に反映されないこともあれば、体調を崩してしまった場合は収入がなくなってしまうこともあります。
歩合制で所得や生活が安定しないため、本業で継続していくのはとても難しいです。

年齢に関係なく副業にできる

チャットレディでは様々なジャンルがあり、ノンアダルトとアダルトにも分かれています。
ノンアダルトでは平均時給が3,600円~3,900円程度なのに対して、アダルトでは平均時給が6,000円~9,000円となっているため、アダルトジャンルの方が短時間で多くの収入が得られます。
サイトでは様々なジャンルがあり、得意なジャンルに所属できます。
中でも人妻や熟女ジャンルは人気があり、30代~70代など幅広い年代が所属しているのが特徴です。
そのため若くなければできないということもなく、どんな年齢であっても副業しやすさがあるということです。

年齢に関係なく副業にできる

本業があるのに副業をする理由は何でしょうか?
「本業では稼げないから」、「今すぐお金が欲しいから」、「今月の収入が足りなくなったから」など、様々な理由から副業を始める人が多くなっています。
多くのチャットレディはすぐに報酬が受け取れて、即日現金を手渡しという所も少なくありません。
本業は勤務日数によって決まった金額を固定で受け取りますが、副業では仕事をしたタイミングで受け取るなど、困った時にすぐ収入が得られるのもメリットです。

チャットレディを本業にしたらどうなる?

チャットレディを本業で始める前に、知っておきたいこと

チャットレディは本業ではなく、副業で行うメリットが多くあります。
しかし人気が出てきたら、チャットレディを本業にしたいと思うでしょう。
もし、チャットレディを本業にした場合、会社で働いていた時とどのような部分で変わってくるのでしょうか?

個人事業主で確定申告を行う必要がある

チャットレディを本業にした場合、会社員で働いていた時のように月収から控除されることがなく、全て自己申告を行う形に変わっていきます。
つまり自分自身が個人事業主となって、自営業者という立場に変わるということです。
そのため、チャットレディの事務所やサイトに登録されていても、従業員ではありません。
働いた収入に対しての所得税を申告する確定申告を行い、所得にかかってくる税金の申請は自分自身で行います。
青色申告、白色申告から確定申告の形式を選び、事業所得の申告を行います。
決算では課税所得金額、所得額の計算まで、全て個人事業主である自分で準備や手続きを行って収入を申告します。
これはチャットレディを本業にした場合だけでなく、個人事業主となった場合には誰もが必要な手続きです。
手間や準備が必要なだけでなく、会社員の時は確定申告の際の控除額が高くて税金の割合が低かったのですが、個人事業主になると事業所得などの税金も増えてしまいます。
また副業なら収入は雑所得扱いで上乗せできたため、副業と比較すると手間がかかってしまうでしょう。

社会保険関連でも負担増

会社員時代には気にしていなかった人も多いのが社会保険関連です。
チャットレディを本業にした場合、社会保険の加入が不可になってしまいます。
そのため自分自身で国民健康保険の手続きを行い、発行された国民健康保険証を元にした保険料の支払いが生じてきます。
チャットレディを本業にした場合、今まで会社が負担してくれていた部分も全て自己負担となり、また手続きも会社という窓口が無くなるため、自分自身で動かなければいけません。
複数の申請や手続きのややこしさを感じやすく、手間としか思わない人もいるでしょう。

チャットレディを本業にするまで時間がかかる

副業で始めたチャットレディでも、本業にしたいと感じるくらい人気が出てくる人もいます。
また最高月収を更新し続けると、チャットレディを本業にしたい気持ちがますます強くなり、所得税額が増えても本業にした方が、メリットがあると感じるかもしれません。
しかし、上記でも紹介したようにチャットレディを本業にした場合には多くの手続きが必要であり、全てが完了するまでに時間がかかります。
さらに個人事業主になってしまうと今まで会社に保証されていた部分が無くなり、保証に関して不安定な状態になってしまいます。

チャットレディを本業として始める前に

副業で人気のあるチャットレディを本業にするには、多くの手間や手続きなどが必要です。
しかしチャットレディに魅力を感じて、今後は本業で頑張っていきたいと思う人もいるでしょう。
チャットレディを本業で始める前に、知っておきたいことをご紹介します。

複数のサイトや事務所に登録する

チャットレディを本業にしたいのであれば、自分自身を多くの人に知ってもらわなければ収入に繋がりません。
安定した収入を得るためには、複数のサイトや事務所に登録して自分自身をアピールする必要があります。
同じ場所で固定すると知ってもらうきっかけが少なく、収入が大幅に多くなる機会がありません。
自分のことを知ってもらうためには複数の事務所やサイトに登録し、自分を知ってもらうきっかけを作りましょう。
収入で気になる場合は、収入保障制度を採用するサイトを選ぶと良いでしょう。

体調やメンタルの管理を徹底する

チャットレディを本業や専業で始めるなら、体調やメンタル面での管理を徹底して行いましょう。
自分自身は個人事業主であり、商品でもあります。
病気で出勤できないと収入が減ってしまうため、安定した収入からは程遠くなってしまうだけでなく、長期化すると固定客が離れてしまう可能性もあります。
またメンタル面で疲れてしまうと、キャラクターが統一できなくなってしまう可能性もあり、体調の変化を見抜かれてしまう恐れもあるでしょう。
自分が商品であることを忘れずに、体調やメンタルの管理を徹底しましょう。

アダルトやジャンル変更も視野に入れる

チャットレディには様々なジャンルがあり、ノンアダルトアダルトにも分類されています。
市場の価値によって収入も変わり、ノンアダルトから始めたとしても収入が安定する保証はありません。
収入を安定させるためには、アダルトへの移行やジャンルの変更を視野に入れておき、いつでも切り替えられるように準備しましょう。
アダルトは平均時給も高くて、一定の需要があります。
チャットレディを本業にするなら、収入など総合的な部分を視野に入れて検討してみましょう。

福岡のチャットレディ代理店ならアリス

副業で人気のあるチャットレディを本業にした場合、副業と異なるポイントなどをご紹介しました。
副業と本業では様々な部分が違うだけでなく、自分自身が個人事業主となるため、手続きや申請が多くなってしまうデメリットもあります。
また、収入が不安定になってしまうのも大きな違いです。
チャットレディは本業だけでなく副業として魅力があり、興味があるという人は福岡のチャットレディ代理店アリスがおすすめです。

福岡の代理店アリスでは独自のサポート体制により、働きやすい環境が整っています。
全室個室で宿泊可能ですが、自宅でのライブチャットも人気です。
確定申告や保険加入などの申請のサポート体制も整っているため、初めての人でも安心です。
チャットの仕事を体験したいなら、チャットレディの代理店アリスからスタートしてみましょう。