チャットレディは報酬率で収入が変わる?違いや注意点とは

給料

チャットレディは報酬率で収入が変わる?違いや注意点とは

2023年7月13日

チャットレディは報酬率というものがある?違いがある理由や注意点が知りたい!

在宅でできる仕事や副業が注目される中、女性用求人の中ではチャットレディやメールレディが人気を集めています。
チャットレディはライブチャットサイト上で自分の姿を映し出し音声で男性とのチャットを行い、メールレディは男性とサイト上でメールをする仕事です。

仕事内容の簡単さでいくとメールレディのほうが良さそうですが、給料面で見るとチャットレディが圧勝しています。そのため、チャットレディとして働く人は報酬面に一番注目していることでしょう。

チャットレディとして高収入を稼いでいきたいのであれば、報酬率に注目していく必要があります。しかし、初心者の場合平均的な報酬率はどんなものなのかわからないですよね。

また、求人をみて応募するのであれば報酬率以外にも注意しなければいけない部分があります。
今回は報酬率の違いが出てくる理由や、その他の注意点について詳しくご紹介していきます。

チャットレディ代理店によって報酬率が違う!内情を徹底解説

チャットレディは業務委託契約を結ぶ個人事業主として仕事をしていくので、完全成果報酬型でお金を稼いでいきます。そのため、報酬率の違いによって収入にも大きな差がでてくることでしょう。

では、報酬率の違いや報酬率以外に収入に差が出てくる部分についてご紹介していきます。

大手代理店のほうが報酬率が高い傾向

ライブチャットサイトで仕事をする場合、ライブチャットサイトが直接チャットレディを募集している求人か、代理店事務所がチャットレディを募集している求人に応募することになるでしょう。
まずはライブチャットサイトに直接登録する場合と、代理店に登録する場合で報酬率が変わります。

ライブチャットサイトに直接登録した場合は、男性が消費したポイント数からサイト利用料が引かれた上で報酬を受け取ります。サイト利用料は各サイトによって変わるので、確認するようにしてください。

代理店に登録した上で働く場合は、サイト利用料の他に事務所の利益分も差し引かれた上で報酬を受け取ります。そのため、直接登録するよりも報酬率は下がるでしょう。

また、代理店によって報酬率の設定も違ってきます。基本的に大手代理店はライブチャットサイトの第一次代理店になっているので、報酬率が高くなるので、チェックしてみてくださいね。

在宅と通勤による報酬率の違い

チャットレディの仕事は在宅チャットレディとして働くか、通勤チャットレディとして働くか選ぶことができます。通勤の場合報酬率は30%~40%で、在宅勤務の場合は40%~50%です。

在宅勤務のほうが報酬率が高いので在宅のほうがいいのではないかと思うかもしれません。しかし、ライブチャットサイトに直接登録する在宅チャットレディは、パソコンやイヤホンマイク、照明、個室のチャットルームなどを自分の費用で用意しなければいけません。

仕事のために使用した費用は経費に上げることができますが、今からチャットレディを始めるという人にとってパソコンなどの初期費用はとても大きいものです。
その上、チャットレディは稼ぐためのコツが存在するのですが、独自に始める人は独学で学んでいかなければいけないのです。ただ、チャットルームの空きに関係なく自分の好きな時にすぐ働くことができるのは魅力的ですよね。

もしも代理店に登録した上で在宅チャットレディをする場合は、サポートの整ったところであれば遠隔操作などでサポートを行ってもらうことも可能です。また、パソコンなどの機材もレンタルすることができますよ。しかし、自宅でチャットをする場合色々なものが映って、個人情報の特定に繋がる場合があるので注意してください。

それとは逆に通勤であれば、チャットルームに機材も完備されていますし、衣装やウィッグなどのレンタルもしてもらえます。身バレ対策も万全に行ってもらえますし、困ったときはすぐにスタッフも対応してくれるので安心ですよ。

チャットの種類によっても報酬が変わる

チャットの方式には種類があります。最初にジャンルを選択して仕事を始めていくのですが、アダルトチャットとノンアダルトチャットの種類があります。どうしてもアダルトのほうが報酬率は高いですし、平均時給も高くなってくるのです。

しかし、アダルトが苦手だという人はノンアダルトでも一般的なアルバイトよりは時給換算すると高いので、安心して働いてくださいね。ノンアダルトでも稼ぐことをしっかり掴めば、充分高収入を狙えますよ。

また、チャットには「パーティチャット」「2ショットチャット」「双方向チャット」などの種類があります。パーティチャットは単価が低くなりますが、一度に何十人も男性を接客することができるので爆発的に稼ぐことが可能です。

稼げる時間帯に働けない場合は、2ショットチャットや双方向チャットを利用するとパーティチャットで一人の男性を接客するよりも稼ぐことができます。2ショットチャットや双方向チャットに持ち込むためには、常連客の獲得をしていきましょう。

チャットレディが重要視するべきなのは報酬率だけではない!注意するべきこともご紹介

チャットレディとして働いていくにあたって、報酬率をしっかり見て稼いでいくのは大事なことです。しかし、報酬率ばかりを重要視していると痛い目にあうこともあるのです。
報酬率以外にも注目すべき点はどんなことなのでしょうか。ご紹介していきます。

チャットレディ求人の誇大広告に注意

チャットレディ求人には「高収入」「高時給」そういった名目が書かれていることが多いでしょう。ただ、チャットレディは完全成果報酬型が一般的なので最大時給や最高時給といった書き方がされていないものには注意してください。

基本的には求人票に書かれている報酬率や時給よりも、低いところからスタートするのが一般的です。そのため、入ってからがっかりすることになりかねません。チャットレディを確保したいがために、誇大広告を打つ事務所が存在するのです。

基本的には大手代理店に登録することをおすすめします。大手代理店は誇大広告を打たないので、他の求人よりも報酬率が低く見えてしまうかもしれませんがもとがしっかりしているので安心して働けますよ。
人気チャットレディも多く輩出しているので、稼ぐ近道にもなります。

代理店選びも重要

誇大広告の求人だけではなく、代理店選びは慎重に行ってください。代理店の中には悪質な代理店も存在しています。報酬を受け取れなかったり、いろいろな理由をつけて手数料を報酬から引いたりとなかな稼げない仕組みを作ってくるところもあるのです。

優良代理店であれば、基本的には女の子が稼げるように全力でサポートを行ってくれます。ボーナス制度などの特別報酬を用意してくれているところもあるので、高収入を狙いやすくなりますよ。

また、身バレ対策として用意しなければいけない衣装やウィッグなど、地味にお金のかかるものもレンタルしてくれます。リスクの中で一番心配な流出リスクに対しても、巡回を行ってくれるなど至れり尽くせりです。

代理店によってサポートの充実は天と地の差があるので、慎重に選んでみてくださいね。口コミや評判のいいところを選んで問い合わせを行い、面接や体験でもしっかり見極めをしていきましょう。

サイト選びも気を抜かずに

ライブチャットサイトも様々な種類があります。サイトによって男性会員数や、男性の属性なども違ってくるのです。やはり客商売なので、稼ぎたいのであれば男性会員数の多いところを選ぶのが一番でしょう。

待機時間は報酬が発生しないので、男性が少ないサイトの場合待機が長くなってしまって収入も落ちてしまいます。そのため、大規模サイトを選ぶのがおすすめです。

また、代理店によって扱うサイトも変わってきます。登録したい代理店で扱うサイトはどこなのか、大規模サイトなのかという点もしっかり確認してみてくださいね。

チャットレディの報酬率を上げたいならAlice福岡に登録がおすすめ

チャットレディの報酬率やその他注意点を理解できたら、今後働いていく上で困ることはないでしょう。しかし、これから働きたいと思っている人は、代理店を見つけても本当に優良代理店なのか心配になってしまいますよね。

優良代理店の中でもおすすめなのが、Alice福岡です。アリスのスタッフはサポート体制ばっちりですし、身バレ対策も稼ぐためのノウハウ伝授も丁寧に行ってくれます。報酬率も高く、ボーナス制度もあるので高収入を目指していけますよ。

完全個室のチャットルームはいつも清潔で、衣装やウィッグのレンタルも行ってもらえます。確定申告のサポートまでしてくれるので、全く知識のない初心者でも安心して働くことが可能です。

少しでも気になったら、アリスに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。