チャットレディは扶養内で働ける?所得を抑えるポイントも解説

働き方

チャットレディは扶養内で働ける?所得を抑えるポイントも解説

2022年8月19日

チャットレディを扶養内で働きたい!

主婦や学生がアルバイトやパートをする上で重要になる扶養の問題。「扶養に入れるかどうか?」というのは、大きく重視される部分でもあります。

主婦や学生が多いチャットレディは、扶養の範囲内で働くことができるのでしょうか。この記事では、チャットレディと扶養について解説していきたいと思います。

扶養のことを詳しく知りたい人は、是非参考にしてみて下さい。

チャットレディは稼げる仕事!必ずしも扶養内がいいとは限らない

主婦が行なうアルバイトやパートと違い、チャットレディは高収入を稼げる仕事です。そのため、必ずしも扶養に入ったほうがいいとは限りません。

扶養に入って配偶者控除を受けたり社会保険の額を抑えるよりも、チャットレディをして思いっきり稼いだほうがトータルで見ると得をすることもあります。

稼げる報酬金額や税金などの控除額を比較しながら、扶養に入るか思いっきり稼ぐかを選ぶようにしましょう。

チャットレディの収入を扶養内に抑える方法

稼げる額や控除額を比較し、それでも扶養に入るほうがお得になる場合、扶養内に抑える必要があります。チャットレディは稼げる仕事なので、何も意識しないで働いてしまうとすぐに扶養から外れることになってしまうでしょう。

ここでは、扶養の範囲内で働きたいチャットレディに向けた、所得を抑える方法を紹介していきます。

出勤を絞る

確実に扶養内で働きたいのなら、出勤数を絞るのをおすすめします。扶養に入れる所得額近くになったら出勤しないようにすることで、確実に扶養内に抑えることが可能です。

しかし、この出勤しない期間が長くなってしまうと、常連を逃すことにもなります。あなたが出勤をしなくなると、他のチャットレディの常連になってしまうこともあります。

出勤を絞ったとしても、常連だけは対応できるように稼げる金額を余らせておくことも大事です。

悪質な代理店だと出勤を強要され扶養の範囲で収まらないこともある

扶養内に抑えるために出勤調整をしたくても、登録している代理店次第ではこの調整ができないこともあります。

悪質な代理店だと、チャットレディに出勤を強要してくるので、扶養の範囲内に抑えようと思ってもできなくなってしまいます。優良代理店だとこのような出勤の強要がないので、扶養に入りながらこの仕事をするのなら、登録する代理店選びには注意するようにして下さい。

いい代理店に登録したいのなら、口コミを参考にすることをおすすめします。SNSやネット検索で口コミは簡単に調べられるので、一度チェックしてから選ぶようにしましょう。

経費を計上して所得を抑える

扶養に入れるかどうかは、チャットレディで稼いだ収入全てで判断するわけではありません。この収入から必要経費を差し引いた額で判断することになります。

収入額では扶養に入れる額を上回っていたとしても、所得額が範囲内の場合は扶養に入ることが可能です。

チャットレディをする上で必要な出費を経費に計上することができます。パソコンやウェブカメラ代、衣装代など、さまざまな出費が経費として認められると考えられており、在宅チャットレディは家賃や光熱費も経費に計上可能です。

経費を計上することで、年間で稼ぐことができる収入額を増やせるようになります。もし、この仕事をする上で必要な出費をしたのなら、忘れずに経費として計算するようにして下さい。

また、経費については後ほど詳しく解説するので、是非チェックしてみて下さい。

チャットレディを扶養内でするなら経費がとにかく重要になる

先程も紹介した通り、扶養内に抑えるためには経費が大変重要です。しかし、会社員としてこれまで働いていた人にとっては、経費についてあまり馴染みがないかもしれません。

個人事業主として働いたことがない人に向けて、「経費とはどういうものなのか?」という部分をわかりやすく紹介していきたいと思います。

チャットレディの経費について

どんな出費でも経費にできるわけではありません。この仕事をする上で必要な出費のみを経費として計上することができます。

先程も紹介した通り、配信を行うためのパソコンやウェブカメラの購入費は経費にすることが可能です。ただ、プライベートで友達とZOOMなどでお話をするためだけに購入したパソコンやウェブカメラの購入費用はもちろん経費にできず、仕事用に買った場合のみです。

また、額によっては過去にプライベートで使っていたパソコンをこの仕事で使ったのなら、このパソコンの購入費用も経費に計上することができます。全額ではありませんが、ある程度の額は経費にできるので、プライベートで使っていたパソコンを使って仕事をしている人は、経費にするのがいいでしょう。

チャットレディの経費になると考えられている項目

チャットレディは、多くの出費が経費になると考えられています。上記で紹介したような、パソコンやウェブカメラの購入費用はもちろん、照明やウィッグ、カラコンなども経費に計上可能です。

また、チャットルームに通勤するのなら、そこまでの交通費も経費にできます。在宅チャットレディになると、家賃や光熱費、通信費なども経費として認められます。

他にも、多くの出費が経費になるので、扶養内で働きたいのなら忘れずに計上するようにしましょう。

家賃や光熱費などは家事按分をしなければならない

在宅チャットレディが家賃や光熱費を経費にする場合、全額は認められていません。これらのものは、プライベートでも使っているものなので、プライベート分と仕事分で家事按分した割合のみしか経費にはできません。

家賃が10万円で仕事に使っている床面積が全体の3割だとすると、3万円分のみ計上可能です。10万円全額を経費にしたい気持ちはわかりますが、税務署から指摘を受けることになってしまうので、これはやめるようにしましょう。

経費に計上するなら領収書を保管しよう

この仕事をする上で必要になった出費を経費にするのなら、証拠となる領収書を保管しなければなりません。これがないと経費と認められなくなってしまうので、お買い物をしたときに領収書をもらうようにして下さい。

意外と領収書をもらうのを忘れてしまい、確定申告書を作成するときに困るような人もいます。特に、これまで個人事業主として働いてこなかった人にとっては、領収書をもらう癖がついていないこともあります。

しかし、領収書がなければ経費にはできないので、忘れずにもらうようにしましょう。

納める税金を減らすための方法

扶養とは別の話になりますが、この仕事で納める税金を抑えたいのなら、確定申告は青色申告で行なうことをおすすめします。

確定申告には白色申告と青色申告という2つの方法があり、これによって基礎控除以外の控除額が変わってきます。青色申告者は青色申告特別控除を受けられるので、納める所得税や住民税などの額を抑えることが可能です。

複雑な作業が増えますが税金額を抑えたいのなら、青色申告で行なうようにして下さい。

経費かどうかわからないなら税理士に相談しよう

扶養内で働きたい人にとっては、経費は大変重要なものになります。しかし、どんなものでも経費にできるわけではないので、ときには「これって経費にできるの?」と疑問に感じる出費も出てくるでしょう。

経費の計算をしている中で疑問が生じた場合は、税理士事務所に相談するようにして下さい。税理士に相談することで、「どんなものが経費として認められるのか?」という回答をもらえます。

依頼料がかかってしまうかもしれませんが、この費用を支払ってでも相談する価値はあります。

チャットレディを扶養内で行うならこの代理店

扶養内でこの仕事をしたいのなら、登録する代理店が重要になります。悪質な代理店は出勤の強要があるので、収入を抑えたくても抑えられません。

扶養内で働きたい人におすすめしたいのが、チャットレディAlice福岡です。こちらの代理店は自由に出勤できるので、収入を簡単にコントロールすることができます。

また、税理士と顧問契約を結んでいるので、事業所得や雑所得、さらには給与所得控除についての解説も受けられます。チャットレディのことを第一に考えている代理店なので、快適な環境で働きたいのなら、是非チャットレディAlice福岡を選んで働いてみて下さい。