チャットレディに確定申告は必要?副業がバレるのか不安

確定申告が必要

チャットレディは業務委託の仕事なので、一般的な会社員のように会社が税金を納めてくれることはありません。そのため自分で確定申告をし、税金を納める必要があります。確定申告の経験がない人がほとんどだと思うので、自分にできるかと不安に思っている人も多いでしょう。

また、普段は本業で会社員として働いていて、副業禁止の会社なのにチャットレディをやっているという人は、確定申告をすることによって会社に副業がばれてしまうのではないかと不安に思っている人もいるかもしれません。

今回はチャットレディの確定申告について詳しくご紹介していきます。

目次

  1. チャットレディは確定申告が必須!副業バレも防げる?
  2. チャットレディ確定申告で節税!副業でもバッチリ
  3. チャットレディが確定申告で副業バレを防ぐ方法
  4. チャットレディが確定申告や副業バレに悩まないために代理店登録

チャットレディは確定申告が必須!副業バレも防げる?

チャットレディとして働く場合、雇用ではなく業務請負契約として仕事をすることになります。この場合、一定以上の金額を報酬として受け取るようになると、確定申告が必要になってきます。

確定申告はなぜ必要なのか、どんな条件から必要になってくるのか、確定申告をしないとどうなってしまうのかを詳しく解説していきます。

なぜ確定申告が必要なのか

収入を得るからには納税義務が発生します。納める税金の金額は前年の収入(1/1〜12/31)によって計算されるので、会社に勤めていて源泉徴収をしてもらっている人以外は確定申告行って収入の申告をし、しっかりと税金を納める必要があるのです。

確定申告は毎年2月〜3月頃に行います。下記のような手順の通りです。

必要書類の準備・・・社会保険料(国民健康保険料)控除証明書、マイナンバーカード、生命保険料控除証明書、源泉徴収票(給与所得があった人)、地震保険料控除証明書などを用意する。
確定申告書の作成・・・国税庁ホームページで、確定申告書「A」または「B」を入手して作成していく。チャットレディが本業であったり、副業でも20万円以上の収入があったりした場合は申告書「B」で作成。確定申告書は国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で簡単に作成することが可能。
確定申告書の提出・・・自分の管轄税務署で確定申告書を提出する。その後所得税などの税金を納税する。

こういった流れで確定申告を行います。確定申告のときには1年間の売り上げや支出も必要となってくるため、日頃から帳簿をつけることを忘れないでください。

確定申告が必要になるには条件がある

チャットレディなどの業務委託の仕事をする場合、条件を満たすことで確定申告が必要になると言われています。その条件とはチャットレディ以外に仕事をしていない人は年間所得38万円以上、チャットレディを副業としていて別のところか給与を1カ所から受け取っている人は年間所得20万円以上、チャットレディ以外の仕事で2箇所以上の給与受け取りがある人は、チャットレディと源泉徴収を受けて居ない職場の年間所得の合計が20万円以上の場合に確定申告をしなければならなくなります。

年間収入ではなく年間所得でこの条件について考えるように注意してみてください。年間の収入から経費を引いた金額が年間所得です。また、不動産や株取引などの収入がある場合は確定申告が必要となる場合があるので注意しましょう。

本業の場合の基準となる38万円という金額は、基礎控除の金額です。基礎控除の金額を超えた場合に確定申告が必要になるということを覚えておいてください。

こういった条件に満たない場合は確定申告の必要がないとも言われていますが、収入が少しでもあるなら確定申告を行う方が健全です。どんなに収入が少なくても確定申告は行う方が無難ですよ。

確定申告をしないと課せられるペナルティ

確定申告の必要があるにもかかわらず、確定申告を行わないことでさまざまなペナルティーを受けることになる可能性があります。確定申告を期限までに提出しなかった場合無申告課税といって納税するべき金額に、50万円超えなら20%、50万円以下なら15%の金額を出した税金を納めなければいけなくなるのです。

無申告加算税の他にも、延滞税を払わなければいけません。2ヶ月までは2.9%、それ以上は8.9%とどんどん延滞税の金額が膨らんでいきます。どんどん高額になって行くので確定申告は期限内に行うようにしましょう。

お金を払うだけで済めばいいのですが、納税をせずにズルズルいってしまうことで悪質だと判断されてしまうと、脱税行為とみなされてしまいます。脱税行為とみなされた場合、重加算税を支払わなければなりません。重加算税は本来納付する金額の35〜40%プラスして払わなければいけないだけでなく、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられてしまいます。

確定申告をしなくて得をすることは全くないので、しっかり確定申告をして行きましょう。

チャットレディ確定申告で節税!副業でもバッチリ

チャットのお仕事で報酬を得たチャットレディが確定申告をしなければいけないことはわかりました。確定申告を行う上で、会社員とは違ってまとまった金額の納税をしなければいけなくなります。一般的な会社員だと毎月少しずつ引かれるのですが、個人事業主の場合は一気に払わなければいけないので気分も重くなってしまいます。

少しでも税金を安くするために節税対策というものがあります。青色申告を利用することや、経費計上を上手く行うことで所得税などの税金を軽減させることができるのです。青色申告や経費計上についてご紹介して行きます。

最高65万円の控除が受けられる

確定申告には青色申告と白色申告という分類があります。チャットレディの仕事が独立・継続・反復して行われると判断される場合、雑所得ではなく事業所得として認められるので青色申告を行うことができます。青色申告を行うことで最大65万円の特別控除を受けることができます。

ただ、65万円の控除を受けるためには複式帳簿つけなければいけません。複式簿記では損益計算書・賃借対照表・収支内訳書などの最低2種類の帳簿つけなければならないので、大変に感じる人もいるかもしれません。青色申告でも白色申告と同じような単式簿記を選択すると、控除額は10万円になってしまいます。

面倒だと感じる人でも、やはり複式簿記を選択して65万円の控除を受けることをおすすめします。会計ソフトなども充実しているので、知識がない人でも簡単に帳簿をつけることができますよ。自分で勉強するのが苦手だという人は、質問に対する回答をしっかりしてくれる代理店を見つけると良いでしょう。

また、青色申告を行ないたい場合は開業届と青色申告控除申請書の提出が必要です。開業から2ヶ月以内または、青色申告をする年の3月15日頃までと提出可能な時期が決まっているので注意してくださいね。

経費計上で節税!

納めなければいけない税金を計算するための所得額は、事業所得から控除額や必要経費をひいたものです。控除額は青色申告などを上手に利用し、必要経費はチャットレディとして必要なものなどを買った金額をしっかりと帳簿に記入するようにしましょう。

チャットレディとして働く上で、メイク用品やカメラ代、衣装代や交通費など細々とした出費があります。これらはすべて経費として計上できるので、レシートや領収書は必ず保管する癖をつけておいてください。 計上した経費が全て経費として認められるかはわかりません認められるかどうかは税務署で聞いてみてくださいね 。

チャットレディが確定申告で副業バレを防ぐ方法

チャットレディとして働く傍ら、本業で0Lをやっているという人もいるでしょう。副業が禁止の会社珍しくありません。副業禁止の会社に勤めている場合、ちょっとレディとして働いていることは絶対にバレたくないですよね。

そういった思いからネット上を調べると、確定申告をすると副業していることがバレてしまうという噂を目にしたかもしれません。実際はそんなことはないんですよ。副業が会社にバレない方法をご紹介して行きます。

普通徴収を選択する

会社員が副業としてチャットレディをしている場合でも、確定申告は必ず必要です。確定申告をしたからといって副業がバレる原因にはならないので惑わされないでください。

確定申告を行う際に、普通徴収と特別徴収を選択する欄があります。この時に普通徴収を選択してください。チャットレディで得た収入に対する住民税を会社に請求するか、自分に直接請求してもらうかを選ぶ欄となっています。普通徴収が自分に直接請求してもらうものです。

会社ではその人の年収を把握しているので、どのくらいの住民税が徴収されるのか分っています。その金額を上回る住民税が徴収されると、別の収入があるということがバレてしまいます。住民税の普通徴収さえしていれば副業がバレる確率はグンと下がりますよ。

本業で給与収入がある場合、給与所得控除も受けられるのでとてもお得です。副業がバレることを恐れて動かないよりも、しっかりと対策をして高収入を稼いでいく方が断然いいですよ。

サポート付きの代理店へ登録

副業が絶対にバレたくないという人は、確定申告の際などに慎重になることが必要になってきます。様々な不安があると思うので、 慣れない人は代理店登録することをおすすめします。代理店ならどこでもいいわけではなく、しっかりとサポートが充実している代理店を選んでみてください。

親身に相談にのってくれる事務所であれば、安心して働くことができますよ。中には、顧問税理士がいる代理店もあるので探してみてください。

チャットレディが確定申告や副業バレに悩まないために代理店登録

チャットレディにとって確定申告は避けては通れない道です。確定申告自体は難しくないのですが、慣れるまでが大変かもしれません。副業がばれないか心配な人などは、不安も大きいことでしょう。

そんな人は優良代理店に登録することですべてが解決します。経理スタッフや顧問税理士に相談することもできますし、節税対策についてもバッチリ教えてもらえますよ。

優良代理店と言えば、有名なチャットレディ代理店Alice福岡がおすすめです。顧問税理士もついていますし、経理スタッフも親身に相談にのってくれます。

稼ぐためのノウハウも充実しているので、しっかり高収入も稼げるようになりますよ。少しでも気になったらアリスへ面接に行ってみてはいかがでしょうか。